ウクレレ製作 進捗状況 7/30


2つ箱になりました♪

バインディング用の溝を彫って

巻き終えて養生中。

その間にフレットを打ち込みます。


はい。ネックがセットされました。






ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 7/25



次に製作するウクレレです♪
いつもとポジションマークの位置が違います。
ローを左側に、ハイを右側に。







ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 完成 2022/07/21 コンサート

【スペック】
モデル:CM-200(スタンダード型) 
サイズ:ハーフ
シリアルナンバー:RS-074
全長:620mm、最大幅:180mm
ボディ厚60mm、スケール:386mm
トップ:シトカスプルース(単板表裏一枚物)
サイド&バック:フィジーマホガニー(単板表裏一枚物)
ネック:フィジーマホガニー
ヘッドプレート:フィジーマホガニー
指板&ブリッジ:ローズウッド
バインディング:べっ甲柄セルロイド
サドル&ナット:エボニー、ロゼッタ:メキシコ貝
塗装:ラッカーつや消し
ペグ:UPT、ナット幅:35mm
フレット数:19F(14Fジョイント)
使用弦:ダダリオ EJ-99sc(フロロカーボン弦)

大阪は岸和田市のウクレレ専門店オハナ様へ納品となります。











ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 完成 2022/7/21 ソプラノハーフロングネック 

【スペック】
モデル:CM-200(スタンダード型) 
サイズ:ソプラノハーフロングネック
シリアルナンバー:RS-072
全長:580mm、最大幅:160mm
ボディ厚60mm、スケール:366mm
トップ:フィジーマホガニー(単板表裏一枚物)
サイド&バック:フィジーマホガニー(単板表裏一枚物)
ネック:フィジーマホガニー
ヘッドプレート:フィジーマホガニー
指板&ブリッジ:ローズウッド
バインディング:べっ甲柄セルロイド
サドル&ナット:エボニー、ロゼッタ:メキシコ貝
塗装:ラッカーつや消し
ペグ:UPT、ナット幅:35mm
フレット数:19F(14Fジョイント)
使用弦:ダダリオ EJ-99sc(フロロカーボン弦)

大阪は岸和田市のウクレレ専門店オハナ様へ納品となります。













ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 7/18


ペグの取り付け。

最終調整を終えたところ。





ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ピックアップ取り付け 7/16


今回ピックアップを取り付けるウクレレはこちらのバリトンウクレレ。
ソプラノサイズと比べるとこんなにも大きさが違うのですね!!

アンダーサドルタイプのL.R.Baggs FIVE-Oを取り付けるので
サドルを外して穴あけ加工をします。

そしてシリンダーを通すための穴も空けます。


サイズ感を確かめてます。

取り付けが完了したら出音のチェックをします。

出音には問題がなかったで、続いてマイクの厚み分サドルを削って高さを調整します。

無事取付完了。
最後にもう一回並べてみました。
やっぱり大きい!!



ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 7/12

久しぶりのアップになりました💦

塗装中に次のウクレレ製作に入っております。

側板も同時に曲げました。

ネックの荒加工。

トップ面の接着。

続いてバック面の接着。

塗装も終えて最終の仕上げに入ります。

ブリッジの接着から。

こっちも。





ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 6/23


指板が接着されました。木工過程の最終過程へ。

ソプラノ。塗装準備完了♪

そしてコンサートも塗装準備完了♪




ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 6/20



バインディングを巻き終えました。

まずはソプラノの方からネックのジョイントして行きます。

そして指板も接着します。



続いてコンサートサイズのネックジョイント。

指板の接着。





ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/