ウクレレ製作 進捗状況 5/27


フレットのすり合わせ。
フレットだけが見えるように指板をマスキングテープで覆います。
フレットの頂点を削って高さを合わせます。
削れば角が出来るのでそれを丸めて行きます。
地味な作業ですが音がビビったりスライドの際に指が
引っ掛からないようにする大切な作業です。

ペグを取り付けてナット溝を掘りました。
それにはナットファイルと呼ばれる工具を使います。
さらに紙やすりを使って溝の中も調整します。←とても大事!!

仮の弦の張って弦高の確認や音の確認を行います。


続いて、次に着手するウクレレです♪
色白の材を使って欲しいとのご要望でしたので
手持ちの中で一番明るい色のものを選びました。
トップにエゾマツ。サイドバックにアフリカンマホガニーを使います。

必要な幅に材をカットしたら、
今度は少しずつ厚みを薄くして行きます。
かなりの力作業になりまーす。

トップ材にロゼッタを埋め込み、サウンドホールを空けました。


ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 5/22


指板の接着の図。

ネックの最終仕上げに入りまーす。

塗装途中のウクレレにラベルを張ります。

魂が入った感じがします♪




ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 5/21


指板にフレットを打ち込みました。
エッジの角が尖っているので斜めにカットします。

エッジ処理前。

エッジ処理後。
断面が斜めになっているのが分かりますか??

ネックの余分な部分を落とすシェーピングを終えまして
ネックとボディのジョイントが終わりました。

明日は指板を貼り付けます。
木工の過程も終盤に来ております。


ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 5/18


はい。綺麗にバインディングが巻けました♪

ネックの荒加工。
ヘッドを残して余分なところを落としました。

続いてヘッドの厚み出しを行った後、ペグ穴を空けます。

はい。パイナップルヘッドになりました♪



ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 5/17


ヘッドプレート(突板)の接着をしております。
これは、いわゆる化粧板です。
ネック材がマホガニーでボディ材がハワイアンコアなので
ボディ材に合わせてヘッドの表面もハワイアンコアにして
色を合わせることが目的です。
同じ材だけど着色で同じ色にする場合は
マッチングヘッドと呼んだりします。

このようになります。

一方、ボディにはバインディングを施しました。



ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 5/16


ライニングを接着後、トップとバックの接着面にしっかりと平面が出るよう
すり合わせを行います。その作業の写真はありませんが…とても重要な作業です。

そしてトップ面接着の図。
ライニングの下にブレイシングが潜り込むように組み木を行います。
ここはビルダーさんによってそれぞれ違いますが自分の場合はそのように
交わる材が噛み合うように作っております。写真はありませんが…。

バック面も同様にして接着しました。まだ耳が残っております。

指板もフレットを打つばかりになりました。
当工房の指板は全て400RのR加工を施しております。
※R加工とは指板にカーブを付けることです。



ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 5/15

いま取り掛かっているウクレレはハワイアンコア仕様です♪

側板が曲がりました。

モールドに収まりました。
当然ですが隙間なくピッタリ合わせます。

ネックブロックとエンドブロックの接着です。
ご覧の通りカーブになっているので隙間なく合わせるのが
初めは難しかったのですが、今は一発で決まることも多くなり
その都度ひとりで小さくガッツポーズを決めてます(笑)

ライニングを両方に接着して今日は作業終了ー。



ウクレレアトリエ cotan 

リペアのご依頼

久しぶりにリペアのご依頼です。

岩手県は奥州市水沢区から広く東京でもご活躍されている
辻山ウクレレ教室を主宰されておりますツジヤマガクさん
からのご依頼です。
辻山さんのホームページはこちら

ラベルには「Tokyo Violin」とありますが、
年季の入ったウクレレです。

接着面の剥がれやクラックを修理いたします。

 トップ面は大きくグルっと剥がれておりました。

バック面も剥がれております。

トップ面にクラックがありました。


 剥がれた隙間にタイドボンドを流し込んで圧着します。

トップ面のクラックには表側からボンドをすり込みます。
サウンドホールから手が入らないのでまずは鏡を使って内部のチェックを行います。

 内側からはチップを張るのでボディ材と同じマホガニーを用意します。

この様に切り出しまして。

こんな感じで内側に貼り付けるイメージをします。

手が入らないので磁石を使ってピンポイントで貼り付けます。
一発勝負なので難しいです(^^;)

隙間なく接着されました。

バック面も同じく。

クラックがありましたが、大きなブレイシングあるため
チップの貼り付けが出来なかったのでボンドをすり込みました。
バック面なので強度的に大丈夫かと思われます。

側板にもクラックがありました。
カーブになっておりチップの貼り付けが出来ないため
ここもボンドのすり込みで対処しました。



ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 5/11


最後の仕上げにかかっておりまーす♪

まずは、フレットのすり合わせから。
⇒フレットの頂点を合わせる作業です。

それからペグを取り付けてー。

それからそれから~サドル作りー。
柔らかい音を出すため、牛骨ではなくエボニーを採用しております。
牛骨を削るときのあの匂いが苦手なので木材で良かった(^^;)

最後の仕上げ。
フレットを磨いて指板にオイルを入れて指板磨き。

フロロカーボン弦を張りまーす。

張り終えましたー。
最初の弦を張るこの瞬間、どんな音を奏でてくれるのか?いつも楽しみ♪
出来たてほやほやですが、しっかり鳴ってくれました(^-^)
今回もまた成長が楽しみな一本となりましたよー!!



ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 5/9


今日は庭の家庭菜園の土作りと苗の植え付け
そして草むしりで疲れてしまったので、
塗装を終えたウクレレ製作はブリッジ接着のみ。
この後はウクレレ用のスコア作りをやろうっと。




ウクレレアトリエ cotan 

YouTubeに一曲アップしました。


ハワイアンウェディングソング。
ソロバージョンで演奏したものをアップしました。


ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 5/8


次に取り掛かっているウクレレですが、
生徒さんからのオーダーです(^^)
ありがとうございます(*‘∀‘)うふふ

さて、久しぶりに白蝶貝でワンポイント入れます。

まずはこんな状態から切り出して行きます。

あの手この手、手作業で三日月を作りました。

キラキラ感が凄いです(*‘∀‘) 
今から完成が楽しみです♪~フフフ



ウクレレアトリエ cotan