ウクレレ製作 完成 2024/2/20 (RS-102)


モデル:CM-200(スタンダード型)
サイズ:ハーフ
シリアルナンバー:RS-102
全長:590mm、最大幅:170mm
ボディ厚60mm、スケール:366mm
ペグ:UPT、ナット幅:35mm
トップ:ホンジュラスマホガニー(単板表裏一枚物)
サイド&バック:ホンジュラスマホガニー(単板表裏一枚物)
ネック:フィジーマホガニー
ヘッドプレート:寄木 シーガルモデル
指板&ブリッジ:ローズウッド
バインディング:べっ甲が柄セル
サドル&ナット:エボニー
ロゼッタ:メキシコ貝
塗装:ラッカーつや消し
フレット数:18F(14Fジョイント)
使用弦:マーチンM600(フロロカーボン)

島村楽器仙台長町モール店さまへ納品いたします。

オールホンジュラスマホガニー製のウクレレ。
大きさはソプラノとコンサートの中間のハーフサイズ。
今回も良く響いてくれております♪










ウクレレアトリエcotan 
https://ukulelecotan.com/

木材情報 2024/2/9

2024/2/9現在の木材のストック状況です。

一緒に写っているラフランス型テンプレートのサイズは
長さ260mm、幅205mm。コンサートサイズです。

【トップ用材】①~⑥ 6種類

①エゾマツ

②スプルース(エンゲルマン)

③スプルース(シトカ)

④スプルース(ベアークロー、シトカ)
一枚では取れないサイズなので左右合わせになります。

⑤レッドシダー

⑥メイプル(トラ杢)



【ボディ用材】⑦~⑯ 10種類

⑦ウォルナット

⑧ハワイアンコア(玉杢)

⑨ハワイアンコア(素杢)

⑩メイプル(バーズアイ)

⑪メイプル(素杢)
一枚では取れないサイズなので左右合わせになります。

⑫マホガニー(アフリカン)

⑬マホガニー(フィジー)

⑭マホガニー(ホンジュラス)

⑮モンキーポッド

⑯紅紫檀
一枚では取れないサイズなので左右合わせになります。

スタンダード型のソプラノサイズ用にジャストサイズです。

金額に大きな開きがありますので詳細はお問合せください。
尚、木材の高騰が著しいため今後どんどん値上がりすることが予想されます。
ご理解頂ければ幸いでございますm(__)m

ウクレレアトリエcotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 完成 2024/1/19 (RS-100)

モデル:CM-100(ラフランス型)
サイズ:ソプラノハーフロングネック
シリアルナンバー:RS-100
全長:570mm、最大幅:190mm
ボディ厚60mm、スケール:366mm
ペグ:UPT、ナット幅:35mm
トップ:ウォルナット(単板表裏一枚物)
サイド&バック:ウォルナット(単板表裏一枚物)
ネック:フィジーマホガニー
ヘッドプレート:ウォルナット
指板&ブリッジ:ローズウッド
バインディング:メイプル
サドル&ナット:エボニー
ロゼッタ:メキシコ貝
塗装:ラッカーつや消し
フレット数:18F(14Fジョイント)
使用弦:ダダリオEJ-53c(ブラックナイロン)



ヘッドに白蝶貝でワンポイント






ウクレレアトリエcotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 完成 2024/1/19 (RS-099)

モデル:CM-200(スタンダード型)
サイズ:ソプラノハーフロングネック
シリアルナンバー:RS-099
全長:570mm、最大幅:160mm
ボディ厚60mm、スケール:366mm
ペグ:UPT、ナット幅:35mm
トップ:アフリカンマホガニー(単板表裏一枚物)
サイド&バック:アフリカンマホガニー(単板表裏一枚物)
ネック:フィジーマホガニー
ヘッドプレート:寄木(モンキーポッド&ウォルナット)
指板&ブリッジ:ローズウッド
バインディング:茶べっ甲柄セル
サドル&ナット:エボニー
ロゼッタ:メキシコ貝
塗装:ラッカーつや消し
フレット数:18F(14Fジョイント)
使用弦:マーチンM600(フロロカーボン)

島村楽器仙台長町モール店様に納品予定です。







ウクレレアトリエcotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 2024/1/12


木工が終わりました。

今晩から塗装に入ります♪




ウクレレアトリエcotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 2024/1/7


今年の仕事初めは塗装から。

そして木工作業はマイウクレレを作ってました。
先月の師走のウクレレ展で色々刺激を受けたり学んだことが
たくさんあって、その中で製作についても得たことがあったので
早速それを試してみたくなり、年末からこのプロトタイプ
を作ってました。ブレーシングの構造を変えての実験なので
外見上は何ら変わりません。

トップ版は初めて使うバーズアイメイプルです。

サイドバックはホンマホ。

この前作った虎杢メイプルとホンマホの組み合わせの音がとっても好みの音だったので

今回の組み合わせも同じトーンになるかなと想像してます。

でも、ブレーシング構造がまるで違うしその木材も変えているし

そもそも、ボディのタイプもスタンダード型のそれに対し

今回はラフランス型でしかもコンサートサイズなので

似て非なるものになるかなと思ってます。

どんな音になるのか楽しみ♪

試行錯誤するって楽しいものですね♪♪




ウクレレアトリエcotan 
https://ukulelecotan.com/