ウクレレ製作 進捗状況 6/14


ハワイアンコア仕様のラ・フランス。

ネックがジョイントされまして

指板圧着の後

ネックのシェイピング等々を行いまして

間もなく木工過程が終了となります♪



ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ工房移転のおしらせ


2014年4月の開業以来、ウクレレ工房としてレッスン及びウクレレ製作の
拠点といたしておりました塩竈市杉の入より同市内の塩竈市北浜へと
移転する事となりました。

移転の時期は2019年7月1日以降となります。

移転先の住所は
〒985-0003 塩竈市北浜1-11-31 2F
こちらをウクレレ教室のレッスン会場といたします。

一方、ウクレレ製作の現場は自宅にて行います。
自宅兼作業場となりますため、今後どなた様も工房へお越し頂く事が
出来なくなります。オーダーを頂く場合にはウクレレ教室の
レッスン会場にてサンプルのウクレレをご覧頂きながら
の打ち合わせをさせて頂く事になりますのでご理解の程
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

引き続き変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。

ウクレレアトリエ cotan 

今井久& Aloha Friends ライブ情報


6月8日、9日の両日イベントに参加しておりました。

メレフラオハナの前日は「今井久&Aloha Friends」の皆様の
ライブにウクレレとして参加させて頂きました♪
あの「パープル・シャドウズ」のGu&Voの今井久さんと
ご一緒させて頂く機会があるなんて
今まで夢にも思いませんでした♪

皆さん素敵な方々でリハの時から楽しく混ぜて頂く事が
出来て贅沢な至福の時を過ごすことが出来ました♪

第一部18:30~、第二部19:45~

第一部はハワイアンナンバー

今井さんのスチールギターがまた素晴らしかった!!

第二部はジャズやGSの名曲を
実は今井さんはウクレレプレイヤーでもあり
圧巻の素晴らしい演奏を見せて頂きました!!

小さなスナック、想い出の渚、亜麻色の髪の乙女など
GSの名曲を一緒に歌わせて頂く事が出来ました♪

パラカのシャツまで着てすっかりメンバー気分でした♪
また一緒に演奏できる日が来ることを夢見ておりまーす!!


ウクレレアトリエ cotan 

メレフラオハナ開催することが出来ました♪~ 2019.6.9

初めてメレフラのイベントを開催させて頂きました。

この度『メレフラオハナ』の開催趣旨といたしまして
フラとハワイアンミュージックを愛する方々が「オハナ」として
みんなで仲良く交流できるイベントにしたい。

普段CDで踊られているフラの皆様には生バンドで踊って頂きたい。
そしてバンドの皆様には新曲にも挑戦しハワイアンミュージック演奏力の
向上を目指し、今後新たな演奏者が増えて行くことを願っております。

と、参加者様および演奏の皆様を募ったところ100名を超す皆様に
ご参加頂く事が出来ました!! 心より感謝申し上げます!!

メレフラオハナ







しかしながら、いつも集合写真写真を撮り忘れてしまいます。。
運営で手いっぱいでございましたもので。。(←言い訳ですが、、)

前日の6/8にもハリサンカフェさんにて今井久&アロハフレンズ
さんのライブにもご一緒させて頂きました。
そっちの写真も全然撮っておりませんでしたね。。

GS時代に「小さなスナック」で一世風靡されました
あのパープルシャドウズの今井久さんが来られまして
リハも含め6時間程もご一緒させて頂いたのになんと写真を一枚も
撮ってませんでした。。その分お話を沢山させて頂きました(^-^)/

さて、次は6/30のウクレレ教室みんなの発表会に向けて頑張ります!!
と、、遅れておりますウクレレ製作もがっちりやらないと!!

ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 6/1


ボディが箱になりました。

バインディングの溝を彫って

バインディングを張り合わせて養生中の図。

ネックはまだこんな感じ。


ウクレレアトリエ cotan 

ピックアップ取り付け。


6/8と9日にライブとメレフラのイベントがありますので
マイウクレレにピックアップを取り付けます。

先日伺った東京ハンドクラフトフェスで購入した
オイハタさんのコンタクトピックアップを装着します。

ボディエンドにジャックを取り付けるための加工をします。

目打ちをします。

径が12mm。

コンタクトのマイクはボディ内部に装着してます。

オイハタケーブルなる超軽量のシールドも一緒に購入してましたが
ホントに軽くて手触りも良いですね!

実際にアンプで聞いた感じもGood!!でした♪
パッシブでも十分パワーがあります!!
オイハタさんがオススメしていたのも納得ですね♪

ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 5/29


今日はレッスンが午前中の一件のみでしたので、
午後からは製作に集中してました。

塗装前の作業が終了し、いよいよ塗装となります。

一方こちらは次に手掛けるウクレレ。
ボディ材はハワイアンコア。

ライニングを付けまして、

反対側にも付けまして、

トップ面が付きました。

バック面もクランプで接着中の図。



ウクレレアトリエ cotan 

オーダーウクレレ【料金改定のおしらせ】

【料金改定のお知らせ】

2019年7月1日よりオーダーウクレレの料金改定を行います。

昨今の木材の高騰や資材の価格上昇により販売価格の
見直しをせざるを得ない状況となりました。

        改定前    改定後
ソプラノサイズ  70,000円  →  85,000円
コンサートサイズ 90,000円  →  110,000円

どうかご理解の程宜しくお願い申し上げますm(__)m


尚、6月末迄にオーダー頂いている分は
これまでの価格通り変更はございません。




ウクレレアトリエ cotan 

東京ハンドクラフトギターフェス2019

東京ハンドクラフトギターフェス2019に行って来ました!!

無事にイベントが終わり東京から戻った翌日の朝からウクレレ教室が
始まっておりましたので一週間遅れの報告になってしまいました。。

5/17(金)12:00発の新幹線でいざ東京へ!!

2時間17分揺られて東京は錦糸町に到着。
3年ぶりの錦糸町は天気も良く懐かしい感じ♪~

宅急便で送ったウクレレは16時過ぎに到着しておりました。
梱包を解いて展示。今回は8本持って行きましたよー。

今年で15周年のハンクラは出店者数も過去最大規模とのことでした。

実は、GWから10日間入院をしておりまして、もしかしたら
この日を迎えるのが難しいかもしれない状況でありましたが
体も回復して三日間の日程を無事に終えることができました。

今回も同業者さんたちとの交流や、ご来場されました愛好家のみなさまと
本当に有意義な時間を過ごせましたこと、イベントを主催している実行委員
の皆様に心より感謝申し上げます!!


今回3年ぶりに出展し念願でありました東京のショップ様ともつながりが出来ました!!

そのショップ様のウクレレ製作に着手できるのはまだ少し先になってしまいますが
当CotanMadeウクレレが東京進出の足掛かりをつかめたことは最大の成果と
なりました!!

今年は工房の移転の予定もあり、何かと変化の一年となりそうです。

引き続きどうぞご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。





【おまけ】

同業者の皆様との交流会も欠かせない行事の一つです(笑)

イベント前日のお食事会♪
Purityウクレレの家入さん、セイレン弦楽器工房の高橋ご夫妻
函館の尾伊端さん

イベント中日のお食事会♪
ベイシスレコーズの立岩さん、松井ウクレレさん、
勝誠二さん、尾伊端さん、家入さん




ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 5/2


令和となりまして最初の投稿です。

ネックとボディのジョイント。
最初はこの工程がかなり難しく凄く時間もかかったけれど
今は大分慣れてちょちょいのチョイになりました♪

指板の接着まで行けた♪

続いてのウクレレは久しぶりのハワイアンコアです。



ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 4/28


指板にポジションマークを入れた後、R加工を施します。

そのRに合わせてフレットを曲げてから打ち込みます。

ネックの荒加工も終えました。
続いてボディとのジョイント作業に移ります。


ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 4/21


続きましてひょうたん型のコンサートサイズを作っております。

溝をルーターで彫りまして、バインデイングを巻きます。

セルロイド製のバインディングはセルボンという溶剤を使って接着します。
溶剤なのでセルの素材を溶かし木部に浸み込ませて接着となります。

余分な出っ張りを落として面一になるように仕上げます。

オーダー頂いている分のうち6本まとめて取り掛かります!!



ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレジャズの参加者様が増えました♪


先月から始まったウクレレジャズ教室。
参加メンバーさんがまた増えました♪
皆さん一生懸命取り組んでいらっしゃいます。
そして上達して行っているのをすごく感じます!!



ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 完成 4/17

CM-200(ひょうたん型)

【スペック】
モデル:CM-200   Soprano
全長:530mm、最大幅:160mm
ボディ厚:60mm、スケール:348mm
トップ:シトカスプルース単板(表裏一枚物)
サイド&バック:アフリカンマホガニー単板(表裏一枚物)
ネック:ホンジュラスマホガニー、指板&ブリッジ:ローズウッド
サドル&ナット:エボニー、ロゼッタ:メキシコ貝
バインディング:茶べっ甲セル、塗装:ラッカーつや消し
ペグ:UKA 3R GG、ナット幅:35mm
フレット数:17F(12Fジョイント)
使用弦:Martin M600(フロロカーボン)

東京ハンドクラフトギターフェスに持って行く最後の一本です!

気持ちの良い音を奏でてくれております。
1弦もしっかりと鳴ってくれました♪



生徒さんからチェス盤の様だと言われました。
なるほど~確かに!











ウクレレアトリエ cotan