ウクレレジャズの参加者様が増えました♪


先月から始まったウクレレジャズ教室。
参加メンバーさんがまた増えました♪
皆さん一生懸命取り組んでいらっしゃいます。
そして上達して行っているのをすごく感じます!!



ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 完成 4/17

CM-200(ひょうたん型)

【スペック】
モデル:CM-200   Soprano
全長:530mm、最大幅:160mm
ボディ厚:60mm、スケール:348mm
トップ:シトカスプルース単板(表裏一枚物)
サイド&バック:アフリカンマホガニー単板(表裏一枚物)
ネック:ホンジュラスマホガニー、指板&ブリッジ:ローズウッド
サドル&ナット:エボニー、ロゼッタ:メキシコ貝
バインディング:茶べっ甲セル、塗装:ラッカーつや消し
ペグ:UKA 3R GG、ナット幅:35mm
フレット数:17F(12Fジョイント)
使用弦:Martin M600(フロロカーボン)

東京ハンドクラフトギターフェスに持って行く最後の一本です!

気持ちの良い音を奏でてくれております。
1弦もしっかりと鳴ってくれました♪



生徒さんからチェス盤の様だと言われました。
なるほど~確かに!











ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 4/17


 フレットの擦り合わせ。

終わるころには真っ黒。

ヘッドにペグのパーツを打ち込みます。



弦の張る順番は、1弦4弦、


続いて2弦3弦の順番で巻いた方が良いと思います。

弦の端っこの巻き方。
私の場合は内向きになるように巻き付けます。



ウクレレアトリエ cotan 

岡田央さんのウクレレライブ♪


岡田央(オカダヒロシ)さんのライブに行って来ました。

2005年マウイ島で行われたファルセットコンテストにて
日本人初のハワイ語賞と優勝を獲られた方です。

一方的に存じてはおりましたが、お会いするのは初めて。
ご挨拶をして間もなくステージで演奏する話になりまして。。
ムムム? カフェオーナーの大森さんの仕業だな(笑)

今日はお客として伺ったので完全オフモード。

もちろんウクレレは持参してません。。
というわけで岡田さんのテナーサイズの
トラベルウクレレをお借りしました。

いきなり岡田さんのステージで一曲演奏してとのお話でけでも無茶ぶり
なのに、終わると「ハナホウ」(アンコールの意味)と岡田さんが
マイクで叫び次の曲に。。また終わると「ハナホウ!」。。

3曲弾き終えたところでまた「ハナ~」とここで流石に
退場させて頂きました(^^;)

次ある時は準備しますので何となくサインを出してくださいませ(笑)
鍛えられました。。でもとっても楽しかったです♪ 

ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 4/12


オーダー頂いているウクレレです。
間もなく箱化いたします!

そしてこちらは東京ハンドクラフトギターフェスに
持って行くラストの一本です。
塗装が終わり仕上げの段階に。

予定の本数を持って行けるか心配しておりましたが間に合いました!
ブリッジを接着の図。


ウクレレアトリエ cotan 

泉パークタウンカルチャーセンター

 2018年11月から講師を務めさせて頂いております
泉パークタウンカルチャーセンター様の
ウクレレ講座「ウクレレライフ♪Ⅰ・Ⅱ」

店長さんのハイパー営業力のお陰を持ちまして
順調に生徒さん増えて行っております♪


経験者クラス「ウクレレライフ♪ Ⅰ」
入門者クラス「ウクレレライフ♪ Ⅱ」

スタッフの皆様はとても親切で会場も素敵です。
お近くの方、是非お越しくださいませ♪


ウクレレアトリエ cotan 

令和元年=レイ輪元年


前々から作ってみたいと思っていたレイ。

試しに見様見真似で作ってみました。
2色のスターチスを互い違いになるようにラフィアで巻いていきます。

なかなか横のラインが綺麗に揃わないですね。。

花のボリュームや向きや角度、部位によって形が違うので
もっと細かくして紡いで行くのが良かったのかもね。。

輪にはなったものの…いびつな出来になりました。。

次はもっと綺麗に仕上げたい!!


ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレジャズ in  カフェ ヌアージュ


第三回目となりましたウクレレジャズのレッスン。
今日はリードとリズムのパートに分けて練習です。

バレーコードにも段々慣れてきましたので、曲に合わせ
リズムパートにブレークや変化を加えました。

けっこう難しい内容に取り組んでおりますが皆さんよく練習を
されており着実に上達して行っているのが分かります♪

ご参加頂いている皆様(今日はお二人お休み)にはとても
楽しんで頂けているようで嬉しく思います(^^)♪


お洒落な店内で素敵なカフェオレを頂きながら♪


若干ではございますが、まだお席がありますのでご一緒に
ウクレレジャズをやってみたい方をお待ちしております♪

佐藤匡史(サトウマサフミ)
電話 090-7074-3645
メール info@ukulelecotan.com


ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 完成 4/1

東京ハンドクラフトフェスに持参するウクレレが完成しました。
バインデイング無しのシンプルなホンジュラスマホガニー仕様です。

このCM-200ソプラノハーフロングのモデルはいつも
納品させて頂いているショップ様で人気のウクレレと
なっているとのことで大変嬉しく思います♪

先日納品させて頂いた同じモデルも納品後2日でオーナー様が
決まりました♪ 季節的な要因もあるかもしれませんが
ここ最近オーダーを続けて頂けております。














ウクレレアトリエ cotan 

ウクレレ製作 進捗状況 3/30


東京ハンクラに持って行くウクレレが塗装を終えました。
あともう一本塗装中のがあって、全部で7本持って行く予定です。

ブリッジを接着します。

フレットのすり合わせ(前)

フレットのすり合わせ(後)
マスキングが黒くなります。同じく手も黒くなります。

ナットの角が手に当たらないように面取りします。


個人的にオススメなのがこのフリクションタイプのUKA。
7つのパーツで構成されておりますので微調整もしやすいです。

ある程度のウクレレ経験者さんには是非試して頂きたいペグです。
ギヤじゃないので弦交換もとっても楽チンです。
そして何と言っても軽い!そしてカッコいい♪


一方こちらは自分用のウクレレとして仲間入りします。

ショップさんでもっとも売れているモデルですので
自分でも使ってみようと思います。


ウクレレアトリエ cotan