フィジーマホガニー ウクレレの試奏動画


フィジーマホガニー材を使って製作したハーフサイズの試奏動画を撮ってみました。
iPad mini5を使って撮影してます。






ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 サンプル用ウクレレ 完成 2022/5/13

【スペック】
モデル:CM-200(スタンダード型) 
サイズ:ハーフ
シリアルナンバー:RS-070
全長:590mm、最大幅:170mm
ボディ厚60mm、スケール:366mm
トップ:フィジーマホガニー(単板表裏一枚物)
サイド&バック:フィジーマホガニー(単板表裏一枚物)
ネック:フィジーマホガニー
ヘッドプレート:フィジーマホガニー
指板&ブリッジ:ローズウッド
バインディング:赤茶べっ甲柄セル
サドル&ナット:エボニー、ロゼッタ:アバロン
塗装:ラッカーつや消し
ペグ:UKA、ナット幅:35mm
フレット数:19F(14Fジョイント)
使用弦:ダダリオ EJ-53s(ブラックナイロン弦)

これはサンプル(非売品)のウクレレです。

ハーフサイズのサンプルがなかったので作ってみました。

トップのポジションマークは無しです。

サイドはしっかり入れてます。
以外と思われるかもしれませんがポジションマークはサイドにさえ
あれば十分で、演奏には支障をきたさないものなのです。

ペグはゴトーのUKAにしました。
今はUPTが主流になっておりますが、軽量で弦交換が早く済むこともあり
個人的に気に入ってます。

ほんのりRバックしてます。
バックのブレイシングにRを付けて構造的にRにしてます。
狙いは強度アップと音響効果です。

フィジーマホガニーはマホガニーにしては赤みが少なく黄色っぽい印象です。
経年することで色味がどう変化するのかも実証実験してみたいところです。

バインディングは赤茶にしてみました。

フレットはギター用の一番細いものを使ってみました。
普段のフレットと比べて高さも幅も約2倍あります。
結論から言うと私の好みではありませんでした。。
太い方が良いという意見もあるので試しにと使用してみましたが
これはやっぱりギター用だなーと感じました。
先日のブログでこの太いフレットについて記事を載せてましたが
不採用にすることにします。

上がハーフ。下がソプラノハーフロングネック。
ネックの長さ(スケール)は一緒です。
ボティサイズがソプラノとコンサートの中間の大きさなんです。



ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

「島村楽器ららぽーとエキシポシティ店」様とのお取引先がスタートしました♪


㈱島村楽器ららぽーとEXPOCITY店様との
お取引がスタートいたしました♪

もう既にお店の店頭に2本並んでおります(^^)

エキシポシティ店の担当者様からお店の記事使用の許可を頂きましたので
掲載させて頂きます。

↓こちらをクリックしてみてください。




新たなオーダーも頂きましたので新作も店頭に並ぶと思いますので
お近くの方は是非チェックしてみてくださいね!!


島村楽器ららぽーとEXPOCITY店
〒565-0826 
大阪府吹田市千里万博公園2-1 
ららぽーとEXPOCITY 3F
電話 06-4864-8290



ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 完成 2022/5/2

【スペック】
モデル:CM-200(スタンダード型) 
サイズ:ソプラノハーフロングネック
シリアルナンバー:RS-068
全長:580mm、最大幅:160mm
ボディ厚60mm、スケール:366mm
トップ:フィジーマホガニー(単板表裏一枚物)
サイド&バック:フィジーマホガニー(単板表裏一枚物)
ネック:フィジーマホガニー
ヘッドプレート:フィジーマホガニー
指板&ブリッジ:ローズウッド
サドル&ナット:エボニー、ロゼッタ:白蝶貝
塗装:ラッカーつやあり
ペグ:UPT、ナット幅:35mm
フレット数:19F(14Fジョイント)
使用弦:ダダリオ EJ-53s(ブラックナイロン弦)

オール フィジーマホガニー材を使ったウクレレです。












ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 完成 2022/4/30

【スペック】
モデル:CM-200(スタンダード型) 
サイズ:ハーフ
シリアルナンバー:RS-069
全長:590mm、最大幅:170mm
ボディ厚60mm、スケール:366mm
トップ:ハワイアンコア(単板表裏一枚物)
サイド&バック:ハワイアンコア(単板表裏一枚物)
ネック:フィジーマホガニー
ヘッドプレート:ハワイアンコア
指板&ブリッジ:ローズウッド
サドル&ナット:エボニー、ロゼッタ:白蝶貝
塗装:ラッカーつやあり
ペグ:UPT、ナット幅:35mm
フレット数:19F(14Fジョイント)
使用弦:ダダリオ EJ-99sc(フロロカーボン弦)

久しぶりのオール ハワイアンコア モデルです。

白蝶貝が輝いてます。

UPTのゴールドモデル。









ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 4/28


塗装が終わりました。

仕上げの工程。
まずはブリッジの接着。
こっちはハワイアンコア。

そしてこっちはフィジーマホガニー。

フレットすり合わせ。
フレットの仕上げ作業ですが、最近少し変化がありました。
①エッジ ⇒ ②トップ ⇒ ③エッジ
③の工程を増やしました。

ペグを取り付けました。




ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 4/26


同時進行で手掛けているウクレレも箱になりました。

バインディングを巻きます。

養生して一晩固定します。





ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 4/23


箱になってバインディング用の溝を彫ったところ。

バインディングを巻いて養生します。

赤茶べっ甲柄セルを巻きました。

続いて、荒加工を終えてのネックジョイント。

それから指板の接着。

スケールラインを決めてボディの面取り。

マスキングを終えて塗装に入ります。




ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 4/18


次に手掛けるウクレレ達です。

右側はサンプル(自分用)を作ります。
フィジーマホガニー仕様で手元に一つ置いておきたいので。








ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/