ウクレレ製作 進捗状況 2/25

塗装中のウクレレちゃんです♪

当工房の場合、塗装の工程は以下のようになります。

①ウッドシーラー(下塗り)3回 乾燥1日⇒研磨
②サンディング(中塗り)3回 乾燥1週間⇒研磨×2回
③トップコート(クリア)3回 乾燥1週間⇒研磨
④つや消し(1~2回) 乾燥1日

雨が降ると塗装が出来ないので、最短でもこれだけの日数をかけます。

乾燥を終えて次の塗装に入る前にこの研磨の作業が入ります。

こんな感じで全面を研磨して凹凸をなくし、手になじむように仕上げて行きます。

※木の優しい風合いを残したいので、鏡面仕上げにはいたしません。


そしてこちらは次のウクレレちゃんです。
キューバンマホガニーのコンサートサイズ。

そしてこちらはアフリカンマホガニーのソプラノサイズ。




ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 2/11


次に製作に取り掛かるウクレレですが、
初のキューバンマホガニー登場です♪

高級家具や楽器に使われる木材のマホガニーですが、
様々な種類やグレードがあります。
中でもこのキューバ産のキューバンマホガニーは
最高峰のマホガニーと言われております。
扱うのが今回が初めてです(*‘∀‘)♪
どんな仕上がりになるのか楽しみですね♬~

こちらは同時に手掛けるウクレレです♪
トップがシトカスプルース、サイド&バックはアフリカンマホガニーです。





ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 2/4


指板接着の図。

指板接着後、ネックのシェイピングや面取り等々を行いまして
木工の過程が終了いたしましたー♪
続いて塗装になります。塗装と乾燥で1ヵ月かかりますので
その後の仕上げの工程は1ヵ月後になります。




ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 1/26


指板接着の図。
ここまで来ると木工過程は終盤戦です。

ネックジョイントの図。
ネックとボディの接着は結構なこだわり箇所なので、1時間以上
すり合わせを行い納得がいくまで調整をして行きます。

進捗状況は2本ともほぼ一緒。
同時に進めております♪




ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 1/21


ネックの荒加工が終わりました。

続いて指板作りに取り掛かります。
ローズウッド指板にフレット溝を罫書いて手ノコで切り込みます。

フレットを打ち終えたところ。
端っこが飛び出ているので整えます。

このように斜めに加工したら穴埋めをします。

ボディとネックがジョイントされました。


ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 2本完成!!

2本同時に完成いたしました♪
両方とも大阪のウクレレ専門店オハナ様への納品となります。
どうぞよろしくお願い申し上げます(*‘∀‘)

【スペック】
モデル:CM-200 
サイズ:Concert
シリアルナンバー:RS-051
全長:610mm、最大幅:182mm
ボディ厚:60mm、スケール:386mm
トップ:シトカスプルース(単板表裏一枚物)
サイド&バック:アフリカンマホガニー(単板表裏一枚物)
ネック:ホンジュラスマホガニー
ヘッドプレート:ホンジュラスマホガニー
指板&ブリッジ:ローズウッド
サドル&ナット:エボニー
ロゼッタ:メキシコ貝
バインディング:べっ甲セルロイド
塗装:ラッカーつや消し(サテンフィニッシュ)
ペグ:UPT、ナット幅:35mm
フレット数:19F(14Fジョイント)
使用弦:Martin M-600(フロロカーボン)











【スペック】
モデル:CM-200 
サイズ:Soprano Half-Long Neck
シリアルナンバー:RS-052
全長:570mm、最大幅:161mm
ボディ厚:60mm、スケール:366mm
トップ:アフリカンマホガニー(単板表裏一枚物)
サイド&バック:アフリカンマホガニー(単板表裏一枚物)
ネック:ホンジュラスマホガニー
ヘッドプレート:ホンジュラスマホガニー
指板&ブリッジ:ローズウッド
サドル&ナット:エボニー
ロゼッタ:メキシコ貝
バインディング:べっ甲セルロイド
塗装:ラッカーつや消し(サテンフィニッシュ)
ペグ:UPT、ナット幅:35mm
フレット数:19F(14Fジョイント)
使用弦:Martin M-600(フロロカーボン)










ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 1/5


本日よりウクレレのレッスンがスタートいたしました♫~
10日ぶりでしたが、正月ボケも無く出来ました(#^^#)
あー良かった(≧▽≦)

さて、レッスンが本格始動する前に製作の方も進めて参ります。

無事にバインディングが巻けておりました。

一方、こちらは塗装を終えて最後の仕上げです。
フレットのすり合わせ中。

ブリッジもツルツルになるまで磨きます。

残すはフレットの磨きと指板とブリッジにオイルを注して弦を張って調整。
完成まであと少し♫




ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作進捗状況 1/4

明けましておめでとうございます!
本年もどうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m

段々と形になって参りました♫

2つ同時に箱になりましたー。

溝を彫ったところ。
それぞれ違うバインディングを巻きますので、溝の形状も違ってます。

巻き終えましたー♫
一晩置いてマスキングを剥がします。





ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 12/29

年内のウクレレのレッスンは12/28(日)で終了いたしました!!
今年も沢山の皆様とウクレレを通して、出会いと笑いと喜びと楽しみを
共有できましたこと本当に嬉しく思います(^-^)/

そして大変ありがたいことにウクレレ製作も多くの皆様からオーダーを
頂きまして、ウクレレ愛好家の皆様の元へお届けすることができました♫

年内残り僅かになりましたが、年末までウクレレ製作を
楽しみたいと思います! あ、勤しみたいと思います(^^;) 







ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 12/22

ひとつ塗装を終えました。

ブリッジの接着です。




ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 12/17


ようやく側板曲げを終えましたー。

側板を曲げるに当たりやることがありまして、
1.幅を決めて揃える。(ま、そりゃそうだ)
2.表面の傷をとりつつ厚みを出す。(出すといっても薄くする)
3.水と熱で曲げる。

この2番の厚み出しが中々大変。筋トレに近い感じ(;^ω^)

曲げられそうな厚みまで薄くしたら、3番の工程へ。
最近はあまりなくなりましたが、この曲げの段階で失敗することがあります。
ここで失敗すると振り出しに戻されます。そして材料も無駄になります。。
これはかなりのダメージを被ります。。

トラ杢の入ったハワイアンコアで失敗したときはしばらく
立ち直れませんでした(T_T) 

完成までまだかかりますが今しばらくお待ちくださいませませm(__)m




ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

レイのプレゼント

いつもウクレレのレッスンでお世話になっております
尾形かおり先生主宰のフラ教室
ステキなデンファレのレを戴きました♫~
かおり先生ありがとうございました(*‘∀‘)

本物の生花を使ったレイは首にかけたとき
何かこう生命を感じますねー!!

これで花の数は50輪だそうです♫
リップを外しペタルを織り込んで糸で縫ってあります。

一つ一つ丁寧に組み込まれているのが分かります。



ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/

ウクレレ製作 進捗状況 11/27

2本同時に木工の過程が終了いたしました♫
完成は約1か月後になります。
今しばらくお待ちくださいませませ。


続きまして次に手掛けるウクレレはこちら。
生徒さんからオーダー頂いたウクレレです(^-^)
左がメイプル仕様、右がモンキーポッド仕様。

メイプルは和名が「イタヤカエデ」。楓の仲間です。

「モンキーポッド」はあの超有名なCMで紹介されている木です。

どちらも個性的なウクレレになりそうです♫~
完成までしばらくお待ちくださいませませ!!



ウクレレアトリエ cotan 
https://ukulelecotan.com/